2015年10月15日

臨床栄養セミナーのご案内です

こんにちは。町の木々も色づいて秋らしくなってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 さて、臨床栄養セミナーのご案内です。
10月22日木曜日18:30〜 相模大野 ボーノユニコムプラザさがみはら
「摂食・嚥下障害の栄養ケアについて」
高齢者では、退院できてもその後のケアが悪いと自立した生活が困難になり、病院に戻ってしまうことがよくあります。
医療から介護、在宅への連携が重要となってきます。回復から日常生活へとつなげる中で食べることをどのように支援していくかは重要な課題です。
今回は看護師と管理栄養士の先生方から摂食・嚥下の支援内容と職種・施設での連携についてご講演をお願いしています。
申し込みを受け付けておりますので、皆様のご参加をお待ちしています。(教員Y.M.)
posted by サガジョひとしょくプロジェクト at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

臨床栄養セミナーのご案内

こんばんは。
あっという間に5月も終わり、来週から6月ですね。
さて、今年も臨床栄養セミナーの開催が決まりました。
 今回は在宅療養がテーマです。
急性期病院での治療が終わり退院となっても、通院しながら在宅療養を継続する事例が増えています。
昔、入院されていて食欲の無かった患者様が、ご自宅で使われていたお茶碗に替えたら食欲が戻られたことがありました。
住み慣れた環境で療養できることは大切なことだなぁと思いました。
でも、長期療養が必要となる疾患では、自宅療養による不安もあります。
その一つに食事があります。
何を食べたらいいの? 経腸栄養ってどうしたらいいの?と本人と家族の不安は大きいことでしょう。
在宅という設備の限られた中でどのようにケアをしていくのかはこれからの重要な課題です。
また、訪問看護ステーションという言葉は聞いたことがあるけど、私の地区にはあるの?どんな活動をしているの?
など情報が不足していることもあります。
 今回は在宅医療を担当されている医師の志村通子先生から栄養管理の選択方法などについて実例を中心に
ご紹介いただきます。続いて管理栄養士の清水陽平先生からは栄養サポートの実際をご紹介いただきます。
 在宅ケアについて具体的なお話をご紹介いただく予定ですので、実際に在宅医療にかかわっている皆様の
情報交換の場になることを願っております。

セミナーの詳細はこちら http://www.sagami-wu.ac.jp/features/hitoshoku/seminar/list09.html です。
皆様のご参加をお待ちしております。(教員Y.M.)
posted by サガジョひとしょくプロジェクト at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

今年度もご参加いただきありがとうございました。

あっという間に2月も終わりですね。学内の梅の花が満開で、梅林の近くを通ると香りも楽しめます。
今年度も「人と食をつなぐ未来プロジェクト」のイベントにご参加いただき、ありがとうございました。
 さて、ホームページで“さがっぱ”が案内をしているのでご存知の方も多いと思いますが、栄養科学部の実験実習棟が新しくなります。
3月からは、“栄養科学部の大移動” 引っ越しが始まります。
今は研究室も実験実習室も荷造りの最中で、「進んでますか?」「まだまだ…」という会話があちこちで交わされています。
研究室の荷造りを始めたら、このプロジェクト発足当時の資料が出てきました。「懐かしいなぁ…」と思い出に浸っていたら、結局1日が終わってしまいました。
 来年度からは新しくなった実験実習室で行われるイベントもあるかもしれませんのでお楽しみに!
4月からも「人と食をつなぐ未来プロジェクト」へのご参加をお待ちしています。
花粉症の季節になりますので、お身体をご自愛ください。 (荷造りの進まない教員 Y.M.)
posted by サガジョひとしょくプロジェクト at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。